ニコマコス倫理学を読むぞって話

 哲学研究会では2Q(と夏休み)で今進めている『ニコマコス倫理学』を終了して別の本に移るらしい。読み終わる前に別の本にうつるということだ。というか今1巻の8章なので、このペースでいくと読み終えるのにあと5年ぐらいかかる。ぼくとしても、『ニコマコス倫理学』はそんなにおもしろいというわけではないし、毎週精読するのも大変なのでこれには賛成だが、一度読み始めた本を(数学書でもないのに)途中で放棄するというのは気持ち悪いし、何より、アリストテレスの考えのほんの一部分に触れるだけで終わるというのは勿体ない気がするので、全部読んでしまおうと思う。そうは言っても、10分ぐらい読んでいると眠くなるので、普通に読んで最後まで読めきれるとは思えない。というわけで、このblogを読書記録に使おうかと思う。(は?)

 

 以下のようにする。

・読むのは光文社古典新訳文庫の『ニコマコス倫理学

・1日1章

・内容の要約と解釈、感想を書く

 

 難しい本の解説は、ネットに転がっているようで転がっていない。専門家になると発言に責任が伴うことから、適当なことをうかつに書けないことによるのだろうか。ぼくは哲学を学んでいない1理系大学の大学生だから、この文章に責任は伴わないだろうし、適当に書いていく。専門家は勿論、哲学を学んでいる文系大学生から見ても内容が怪しいところがあると思う。これはあくまでもぼくの読書記録なので、『ニコマコス倫理学』と検索してヒットしてしまっても参考にしないでほしい。

 

 参考にしないでほしいと書いておいて変な話だが、この読書記録は他者に見られる/見てもらうことを前提として書く。日本語が読める人(具体的にはセンター現代文で40/100以上取れる人)がぼくの文章を読むことで、アリストテレスの言わんとしていることを理解できることを目安にblogを書いて、更新していく。

  

 ニコマコス倫理学について少し触れておくと、wikipediaからそのまま引用すれば、「アリストテレスは、様々な研究領域で業績を残しており、倫理学に関しても多くの草案や講義ノートなどを残した。後にニコマコスがそれらを編纂したものが『ニコマコス倫理学』である。総じて10巻から成り立ち、倫理学の基本的な問題である「正しい生き方」を検討している。倫理学の研究史において、古典的価値が認められ、注釈や研究も加えられている。」つまり、アリストテレス講義ノートだ。アリストテレスが、当時のギリシャ市民に、「お前らはこういう感じで生きたら良いんじゃないの」という思いのもとに行った講義のノートなのだ。古代ギリシャの市民にあてられたものを21世紀を生きる我々が読むというのは可笑しな気もする。

 

 そういうわけで明日は1巻「幸福とは何か」の1章「行為の目的の系列から善さについて考える」について書く。更新されなかったら殴ってくれ。